薩摩街道を行く 石橋物語 孝女 千代塚 佐敷城跡 葦北鉄砲隊
葦北鉄砲隊
肥後熊本藩葦北御郡筒  
 葦北鉄砲隊は、寛永年間中頃(1630年代)細川藩が葦北地方の防衛体制の一翼を担う軍事的な目的と、加藤家旧勢力の遺臣を権力機構に取り込み統治を安定させるため、帰農していた在地浪人からなる地侍で鉄砲隊を組織したのが始まりでございます。  寛永15年の天草・島原の乱での原城総攻撃において目覚しい活躍をみせ、細川藩士が直接指揮をとる藩直属の鉄砲隊「葦北御郡筒」として、最大規模の時には400数十名に上る鉄砲隊として、明治3年(1870年)まで存在しておりました。
  私たちは、この240年間の長きに渡り葦北を守っていた鉄砲隊の伝統と文化の継承と、歴史の変わり目に大きな影響を与えた火縄銃の技術を現代に体現するべく、火縄銃伝来460年の節目の年、平成15年(2003年)秋に結成されました。
  1年間の演武回数は約50回を数え、和歌山県で行われました全国の鉄砲隊が一堂に会して、お互いの火縄銃砲術の技を競う「紀州鉄砲祭」では、当時の葦北鉄砲隊が実際に使用しておりました幕府の正式砲術「稲富流砲術」の再現により演武を行い、初出場にして優秀賞を受賞致しました。
  現在までの主な演武活動と致しましては、芦北町内外の各種行事の演武の他、熊本城築城400年祭演武、山口県で開催されました2006国民文化祭演武、英国のロンドン塔、リーズの王立武器博物館演武などを行い、日本国内各地から海外の遠征までを行っております。
  また、平成19年9月には、東京都新宿区で行われました「江戸幕府鉄砲組百人隊出陣の儀」への遠征を行い、東京の新都心で肥後細川藩の威信を賭けた、堂々たる演武を披露して参りました。
  今後とも、葦北鉄砲隊一同「情熱と献身」を合言葉に、我が郷土芦北の伝統文化を熊本の伝統文化、日本の伝統文化として誇りをもって伝えて参ります。どうぞよろしくお願い致します。
   
     
   
 
Copyright (c) 2007 Direct. 水俣ひかり研究会 . All rights reserved

 

薩摩街道を行く